読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Androidにおける遅延実行の実装方法

今回はAndroidにおける遅延実行の実装方法について紹介する。
遅延実行とは、名前から予想できる通り、遅らせて処理を実行することである。

<方法概要>

Handlerクラスの「postDelayed」メソッドを使用して、指定した時間後に、指定した処理を実行する。

postDelayedメソッドの定義は下記の通りである。

postDelayed (Runnable r, long delayMillis)

第1引数に「遅らせて実行したい処理」をRunnable型で指定し、第2引数に「遅らせたい時間」をミリ秒単位で指定する。

<サンプルコード>

以下のサンプルコードは画面上の文字を3秒後に変更するものである。

MainActivity.java

package biz.accele.sampledelay;

import android.os.Handler;
import android.support.v7.app.AppCompatActivity;
import android.os.Bundle;
import android.widget.TextView;

public class MainActivity extends AppCompatActivity {

    TextView txt1;

    @Override
    protected void onCreate(Bundle savedInstanceState) {

        super.onCreate(savedInstanceState);
        setContentView(R.layout.activity_main);

        txt1 = (TextView)findViewById(R.id.txt1);

        // Handlerクラスをインスタンス化し、postDelayedメソッドを呼んでいる
        new Handler().postDelayed(new Runnable() {
            // Runnable型のインスタンス化と定義
            @Override
            public void run() {

                // 遅らせて実行したい処理
                txt1.setText("本日は晴天なり");
            }
        }, 3000); // 遅らせたい時間(ミリ秒) 3000ミリ秒 -> 3秒
    }
}



activity_main.xml

<LinearLayout xmlns:android="http://schemas.android.com/apk/res/android"
    xmlns:tools="http://schemas.android.com/tools"
    android:layout_width="match_parent"
    android:layout_height="match_parent"
    android:orientation="vertical"
    tools:context=".MainActivity">

    <TextView
        android:id="@+id/txt1"
        android:text="@string/hello_world"
        android:layout_width="wrap_content"
        android:layout_height="wrap_content" />

</LinearLayout>

Enjoy Programing!!