読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Java

Android(Java)でメソッドの呼び出し元を確認する方法

筆者は他人が作成したコードを分析する時によく使います。 呼び出し元の「クラス名」「メソッド名」「行数」が標準出力に表示されます。 StackTraceElement ste = Thread.currentThread().getStackTrace()[3]; System.out.println("caller class:" + ste.get…

JavaでPDFファイルを出力する(iTextライブラリ)【表配置編】

今回は、「iText」を使用して、表をPDFに配置する方法を紹介する。ポイントは、表に対応するクラスである「PdfPTable」と、表内のセル(表の要素)に対応するクラスである「PdfPCell」の使用である。手順としては、「PdfPCell」のコンストラクタで、表内に表示…

JavaでPDFファイルを出力する(iTextライブラリ)【図形配置編2】

今回は、「iText」を使用して、図形(楕円と直線)をPDFに配置する方法を紹介する。ポイントは、前回の四角形描画と同じく、「PdfGraphics2D」クラスを利用することである。「PdfGraphics2D」クラスの、楕円を描画するメソッドには、下記の様なものが用意され…

JavaでPDFファイルを出力する(iTextライブラリ)【図形配置編】

今回は、「iText」を使用して、図形(四角形)をPDFに配置する方法を紹介する。ポイントは、「PdfGraphics2D」クラスを使用して、四角形を描画するメソッドを呼び出し、最後に「dispose」メソッドを呼び出すことである。「PdfGraphics2D」クラスの、四角形を描…

JavaでPDFファイルを出力する(iTextライブラリ)【画像配置編】

今回は、「iText」を使用して、画像付のPDFを作成する方法を紹介する。準備として、「C:\temp」フォルダ内に、PDFに挿入する「img.jpg」ファイルを格納しておく。 Imageインスタンスの作成 Imageインスタンスに対して表示座標の設定 Imageインスタンスに対し…

JavaでPDFファイルを出力する(iTextライブラリ)【テキスト自由配置編】

前回は「iText」を使用して、文字列が1つだけ表示されるPDFを作成した。 ただ、文字が表示される位置は、PDFの左上に固定されていた。 今回は、文字列を自由な位置に配置する方法を紹介する。ポイントは、「PdfWriter」より「PdfContentByte」を取得し、「Pd…

JavaでPDFファイルを出力する(iTextライブラリ)【出力編】

前回は「iTextライブラリ」を使用するための準備を行った。 今回は「iTextライブラリ」を利用して、実際にPDFファイルを出力する手順を紹介する。作成するPDFは、文字列を1つだけ表示する、極めてシンプルなものとする。ソースコード package jp.co.smp.pdf.…

JavaでPDFファイルを出力する(iTextライブラリ)【準備編】

JavaでPDFファイルを出力するための、「iTextライブラリ」の使い方について紹介する。 今回は、「iText」を使用するための準備を紹介する。 1.ライブラリのダウンロード 2.プロジェクトにライブラリ追加 3.ビルドパスの設定 1.ライブラリのダウンロード iTex…

Javaで定義したメッセージをJavaScriptで使用する方法

前回は、Javaで定義した「定数」をJavaScriptで使用する方法を紹介した。 今回は、Javaで定義した「メッセージ」をJavaScriptで使用する方法を紹介する。考え方は、Javaで定義した定数をJavaScriptで使用する方法と変わらない。 変わるのは、取得先がクラス…

Javaで定義した定数をJavaScriptで使用する方法

Javaで定義した定数をJavaScriptで使用する方法を紹介する。 1.Java側に定数を連携するためのActionクラスを作成する 2.JSPでJavaScriptのソースとして1で作成したクラスのレスポンスを読み込む[前提] 連携の対象となる定数クラスは、下記のものとする。 pac…

単体テスト実施時にテストのカバレッジを計測するツール:EclEmmaプラグイン

テストのカバレッジとは、テスト対象となるソフトウェア全体のうち、テスト実施部分が占める割合のことである。Eclipse、JUnit(S2JUnit4を含む)を使用してテストを実施する場合、EclEmmaプラグインを用いることで、テストのカバレッジを計測することができる…

独自のパッケージをSMART deployの対象にする方法

1.ComponentCreatorImplを継承したCreatorクラスを作成する 2.creator.diconに1で作成したCreatorクラスを登録する[前提] ルートパッケージ名が「jp.co.smp.pac」で、独自パッケージ名が「biz」を例として記述している1.ComponentCreatorImplを継承したCreat…